イミダペプチドが多く含まれる食品

イミダペプチドの多く含まれる食品

イミダペプチドは、人間の体内でも合成されるように、多くの動物に含まれている成分です。
ただし、その中でも特に含有量が多いのが鶏胸肉になります。
消耗が激しい場所に多く存在するというイミダペプチドの特性上当然なのですが、鳥は飛行する際に大きく羽ばたき続けるため、胸の筋肉を非常に消耗するのです。
そのため、鶏胸肉には多くのイミダペプチドが含まれており、食品の中でも含有量はトップクラスになります。
その他、魚の尾びれのあたりにもイミダペプチドは多いです。
マグロやカツオなどといった回遊魚には特に多く、海流の中で魚が泳ぎ続けていられる由来となっています。
その他、牛肉や豚肉などにもイミダペプチドは含まれていますが、鶏胸肉ほどの含有量はなく、牛肉の場合で、鶏胸肉の1/4程度の含有量になります。
とはいえ、決して少ないわけではありませんので、肉や魚を毎日食べることは、イミダペプチドの摂取においては非常に大切だということが分かります。

 

食べ方に注意

イミダペプチドは、食品から摂取しやすい成分ですが、食べ方によっては十分に摂取できない場合があるので注意しましょう。
というのは、イミダペプチドは水溶性の成分になりますので、水に溶けだしてしまうという特性があるのです。
魚を刺身で食べたりするのは、もちろんそのまま摂取しているので問題ありませんが、肉の場合は調理法に注意が必要です。
せっかく含有量の多い鶏胸肉を食べるとなっても、茹で鶏にして鶏肉だけを食べていたのでは、せっかくのイミダペプチドが茹で汁に溶けだしてしまいます。
茹で汁はスープにして飲むなどして、残らず摂取するようにするのがおすすめです。
スープまですべて飲めるような煮込み料理にすることで、ヘルシーかつイミダペプチドを残さず摂ることができるので、いろいろ工夫しながら料理するとよいでしょう。

 

サプリメントも活用

比較的食品から摂取しやすいイミダペプチドですが、それでも毎日欠かさず食べるのは簡単ではありません。
しかも、イミダペプチドは継続摂取してこそ効果が期待できる成分ですから、食べたり食べなかったりでは十分な効果を得ることができなくなってしまいます。
それを防ぐのに便利なのがサプリメントです。
イミダペプチドは推奨量を超えて摂取した場合の心配がない成分でもありますから、一定量は毎日のサプリメントで確保して、食事でより多くのイミダペプチドを摂るように心がけてみてはいかがでしょうか。